資格取得はおおよそ意味がない

できれば実社会に使える資格取得をしていくほうが、意味のない取得をしなくて済みます。いくら自己啓発のためとはいえ、それを持っていて意味がなかったらかえってお荷物になります。それに他人から見たらどうでもよいことだから、自己満足ベースで取得するのが妥当です。

このご時世、何の資格を取ったとしても偉そうにしていれば生意気の烙印で終わるし、資格を取らないことでは即戦力にならないという、自己都合的に解釈して終わります。おおよそそれをよしとするのはほとんどいないといえるでしょう。

画期的なウェブサイトを作っても残るのはgoogleやyahooのようなごく一部のサイトのみで、その他のサイトは使いまわしに他なりません。FLUSHが凝っていようと凝っていまいと、どうでもよいということです。資格取得にも同じ事がいえ、残るのは一部だけです。

介護事務資格と介護スタッフ

介護事務は、ケアマネージャーと同様に介護スタッフとも接点があります。介護スタッフと共に利用者のサポートを行うということはないかと思いますが、お知らせなどの文書作成を頼まれることもあるでしょう。他にも施設内に掲示するものの作成を依頼されることもあります。

介護スタッフもケアマネージャーに劣らないほど重労働をこなしています。ときに辛くあたられることもあるかもしれませんが、まさに現場の中心で仕事をしている方々なので、心身共に相当過酷な状態であることを理解しましょう。そういった介護スタッフ業務の厳しさを察することで気遣いが増し、介護スタッフとのコミュニケーションも円滑になることでしょう。

介護事務は、通所利用者の送迎時間やお休みなどの連絡も依頼されます。ときには通所を嫌がる利用者に関しての情報も介護スタッフにしらせなくてはなりません。この情報によって介護スタッフの利用者への対応が変わってきますので、とても重要です。また、こういった連絡内容は介護報酬明細に影響するので、介護スタッフが連絡するよりも、介護事務が行うほうが結果的に利用状況の把握がスムーズにいくことが多いでしょう。

そのような情報を介護事務同士が連絡しあわないと、介護スタッフからの申し送りが滞ることがあります。利用状況の把握が正確な介護報酬明細作成には不可欠なので、煩雑な業務なのですが支障ない業務を遂行するために極めて重要な作業となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>